FAQ

オープンソースERPに関するよくある質問・疑問

オープンソースERP全般に関するQ&A
 
【Q】オープンソースERPは商用パッケージのように長く使い続けることが本当に出来るのでしょうか?
 
【A】はい、大丈夫です。

 
Compiereに始まるオープンソースERPは、その後ADempiereやiDempiereと派生し、あるいはOpenbravoやOdoo(旧名OpenERP)などに影響を与え今日に至りますが、これらオープンソースERPの中でソフトウェア開発が終了したというパッケージは一つもありません。
その理由は、ソフトウェア開発が元来オープンなものであり、商用パッケージのように特定の開発元が営利を目的に開発し独占的に扱われるソフトウェアとは対照的であるためです。また、オープンソースERPは、ソフトウェア資産もデータ資産も基本的にはユーザーの資産ですので、ベンダーロックインとは無縁のソフトウェアパッケージだからです。

 
【Q】オープンソースERPは法改正に対応していますか?
 
【A】基本的には対応していませんが影響を受けることもありません。

 
商用パッケージの中には「法改正時自動アップデート機能付き」といった機能を持っていることをアピールしている製品もありますが、これらの多くは社会保険料計算や税務会計を主な目的とした国内向けの製品です。確かにこれらの機能領域では年に数回の料率変更や税率ルールが変更されるため、このような変更があった際には大変便利な機能でしょう。
オープンソースERPは、海外でその原型が開発された経緯から、このような国毎に存在するローカルルールへの対応は十分ではなく、基本的には導入ユーザーによる「システムの使い方」に基づき、個別に対応することを基本とします。
ちなみに、販売・購買・在庫・生産・会計の主要5分野において、このような法改正により影響を受けたとする話題は、オープンソースERPの国内導入が始まって以来存在しません。

 
【Q】オープンソースERPで社内のシステム統合を図ることは可能ですか?
 
【A】はい、可能です。

 
オープンソースERPの多くは、販売・購買・在庫・生産・会計・システム開発基盤をインストールした段階からこれらのデータモデルを持っており、既存のデータ資産を移行することで、統合された全社システムで現行業務を継続することができます。
このデータモデルは、製造業・卸売業・小売業・サービス業などの業種業界をカバーする汎用的なデータモデルとなっており、既存の個別パッケージ同士の非効率な連動性を一挙に解決することを可能とします。