債権債務管理

日本商習慣に対応した債権債務管理機能でロジスティクス情報と財務会計を完全一元化

債権債務管理機能の概略
 

 

締請求書発行プロセス
 
締請求書データ作成プロセス
 

  • 得意先請求の締日毎に上記プロセスを実行し、得意先毎の該当締期間の締請求書データを作成します。
  • 期ズレ明細が含まれる場合は、売上伝票の請求日付を変更し、当該請求書より除外することができます。
  • 請求締処理は行うが、実際の請求書はシステム標準の請求書フォームではなく、得意先の求める個別請求書フォームで作成する必要がある請求の場合は、当該データをEXCELなどに出力し、個別に請求書を作成します。

 

締請求書PDFデータ作成プロセス
 

  • 作成された締請求書データを条件指定しPDFデータ作成プロセスを実行すると、締請求書PDFデータテーブルに請求書.zipファイルを添付したレコードが生成されます。ZIPファイルをPCにダウンロードしてPDFファイルを印刷します。
  • 一回のプロセス実行で該当の締請求書データが、締請求書鑑毎にPDFファイル化され、複数PDFファイルが1ZIPファイルに格納されます。複数のPDFファイルを選択し一括印刷を行うことで複数の締請求書を一括印刷することができます。
 
締請求書フォームイメージ
 

 

入金消込管理
 

  • 得意先に対する請求書を発行し、顧客から該当の支払が行われた際に入金消込プロセスを実行します。
  • 入金消込プロセスは、①入金伝票登録、②銀行報告登録から構成され、仮勘定で違算管理を行いながら(借方)現預金/売掛金(貸方)の会計仕訳を自動転記します。
  • 入金伝票登録には、①マニュアル入金伝票登録、②入金情報インポート登録、③銀行報告からの売上伝票参照方式の3つの登録方法があります。ADempiere Zetaの標準シナリオでは入金実績に基づき、①マニュアル入金伝票登録を推奨しています。
  • 入金伝票明細登録時に該当の売上明細を選択し、消込金額、調整金額などを入力し、入金伝票を“完成更新すると、自動的に入金伝票明細の内容で配分データ照会が自動生成され、貸方に債権勘定がセットされた会計仕訳が自動転記され、売掛金が消し込まれます。
  • 銀行報告は、複数の入金伝票実績を対象に銀行口座の現預金勘定を更新する預金出納帳に相当します。
  • 銀行報告内の取引額と報告額の差異は、銀行振込手数料などの経費科目で現預金勘定の更新と同時に会計仕訳を自動転記します。
 
未消込明細レポート
 

 
入金伝票登録
 

  • 顧客からの入金総額を入金伝票のヘッダで登録し、明細には該当の売上明細を指定します。
  • 入金伝票では、借方、貸方共に入金伝票ヘッダで指定した消込金額で仮勘定仕訳が自動転記されます。
  • ヘッダ金額と明細の合計金額の差異を、①残す、②貸倒損失計上する、③回収値引計上する、の何れかの決裁方法を指示します。
 
配分データ照会
 

  • 入金伝票が“完成”更新されると、自動的に入金伝票明細を元に、配分データ照会が自動生成されます。
  • 配分データ照会のステータスが“完成”更新されると、貸方に売掛金勘定がセットされた逆仕訳が発生し売掛金が消し込まれます。
  • 外貨取引時の為替差損益勘定は、この時に必要に応じて自動的に発生します。
 
銀行報告データ
 

  • 登録済みの入金伝票を参照し銀行報告明細を登録します。
  • 銀行報告を“完成”更新すると指定された銀行口座に関連付けられた現預金勘定が借方にセットされた会計仕訳が自動転記されます。
  • この時、報告額と取引額との差異を、銀行振込手数料等の経費科目で同時に処理することができます。

 

支払消込管理
 

  • 仕入先に対する支払消込プロセスは、①支払伝票~銀行報告までの伝票処理をマニュアル処理する方法と、②支払一覧データ作成プロセスからの自動支払消込処理を使用する方法の2通りの方法があります。
  • 支払一覧データ作成プロセスを使用しての支払消込処理においては、支払額に応じた支払方法を自動決定し、支払手形管理を含めた支払処理に対応することが出来ます。
  • 支払一覧データは、締処理を行う年月日と支払条件および実際の支払処理日を指定して実行します。
  • 仕入先マスタの支払方法条件を取得し、当月の支払額が支払分岐額未満の場合は支払ルール1による支払準備データを生成し、支払分岐額以上であれば支払ルール2による支払準備データを生成します。
  • 支払後続処理を実行すると、支払一覧データに基づき支払伝票処理、配分データ照会、銀行報告処理を一括して自動処理します。
  • 手形支払時は、手形の落ち日(月)毎に勘定科目を分けて管理している場合に、落ち日(月)毎の銀行口座設定と連動し、記帳される現預金勘定を落ち日(月)毎の勘定科目に連携し仕訳を自動転記することができます。
 
支払一覧データ作成プロセス実行
 

  • 支払一覧データ作成プロセスの実行パラメータに合致する仕入先マスタから支払処理に関する管理要件を取得し、仕入実績、支払実績から当該“支払一覧データ”を作成し、支払準備を仕入先毎に行います。
 
支払一覧データ
 

  • 支払一覧データは、支払一覧データ、支払概要、請求明細の3つのデータから構成され、1支払一覧データ:N支払概要、1支払一覧データ:N請求明細で構成されます。
  • 支払概要は、レコードを追加登録することができます。例えば支払手形を分割するなどの対応が可能です。
 
支払後続処理実行
 

  • 支払後続処理は、支払一覧データを元に支払伝票処理を銀行報告処理を自動的に処理します。
  • 実際に現預金が更新されるの支払日は、支払一覧データ処理時に実際に銀行で処理される日を想定し、先日付で処理を行います。
 
支払後続処理の実行結果
 

  • 支払一覧データの支払概要レコードが複数の場合、支払伝票は支払概要レコード単位で生成されます。
  • 取引日付や銀行口座(支払元口座)の内容も支払概要レコードの内容に従い登録されます。
  • 支払伝票明細として割り当てらてる仕入請求明細は、支払額を満たすまで先入れ先出し方法で自動的に動的に割当られます。
  • 支払後続処理プロセスにより自動的に登録された支払伝票は、“完成”ステータスで登録され自動的に配分データ照会が発生します。
 

  • 支払伝票が“完成”更新されると、自動的に配分データ照会が支払伝票明細単位で発生します。
  • 配分データ照会が“完成”更新されると、(借方)買掛金/仮勘定(貸方)の会計仕訳が自動転記され、買掛金を消し込みます。
 

  • 支払後続処理プロセスは、支払伝票処理の後、銀行報告を処理を実行します。
  • 銀行報告処理では、仕入先マスタに登録されている、支払時の銀行振込手数料の負担ルールや、銀行口座マスタに設定されている取引金額毎の振込手数料額テーブルを参照して、銀行との決済情報詳細を自動処理します。

 

債権債務の相殺処理
 

  • 入金消込や支払消込を行う前に、債権と債務が両方発生し入金、もしくは支払の一部を直接相殺する場合があります。
  • 同一取引先の消し込まれていない未決済明細を画面に呼び出し、相殺対象の明細と相殺金額を指定して相殺することができます。
  • 債権明細と債務明細を選択して、処理ボタンを実行すると、実行画面から該当の未消込明細が消去されます。
  • 処理を実行すると該当明細の配分データ照会は自動的に生成されます。

 

債権債務管理のレポート機能
 
  • 取引先毎統制勘定毎のマルチ通貨表示対応の残高一覧
  • 取引先毎統制勘定毎のマルチ通貨表示対応の元帳レポート
 
得意先別売掛金残高一覧
 

 
仕入先別買掛金・未払金残高一覧
 

 
得意先元帳レポート
 

 
仕入先元帳レポート
 

 

ADempiere Zeta の債権債務管理プロセスは、
日本国内の商習慣に対応したオーダーメイド感覚の業務機能を提供します。