購買管理機能の概略

  • 購買管理プロセスは、購買依頼管理、発注管理、入荷管理、仕入管理の4つの管理ポイントから構成されます。
  • 購買依頼管理は、販売管理や生産製造管理などの他業務機能を含むシステム内の全ての購買要求元機能からの調達要求を一元管理します。
  • 発注管理は、仕入先への注文情報を一元管理し、仕入先に対する取引情報をコミットします。また、発注伝票登録時点で在庫管理、生産管理、販売管理と情報を連携します。
  • 入荷管理は、社内の入荷業務を一元管理します。入荷伝票更新により納品物が自社在庫に移転するため、在庫データの更新と会計実績が自動転記されます。
  • 仕入管理は、発注伝票で保持する取引条件(単価や支払条件など)と、入荷伝票の入荷実績情報を元に仕入情報を生成します。仕入伝票更新により、債務情報が確定し会計実績が自動転記されます。
  •  

    業務プロセス③(在庫購買)

  • 発注ロット、支払条件などの発注条件の自動適用
  • 単価決定および割引率などの自動適用
  • 発注伝票~入荷伝票間での発注残管理
  • 入荷確認時に在庫計上(在庫更新)
  • 入荷時会計仕訳:製商品/仮勘定
  • 仕入時会計仕訳:仕入高/買掛印
  •  

    購買依頼管理機能の概略

  • 購買依頼管理は、発注管理による正式な社外発注情報の前段階で社内の購買要求を一元管理します。
  • 購買依頼データのステータスを“完成”更新すると、後続の“発注伝票変換プロセス”の対象としてデータ活用することができます。
  • 購買依頼伝票画面

    購買依頼データ画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

  • 生産管理機能、在庫管理機能といった他業務機能と、購買管理機能の発注管理機能とを連絡する社内情報共有用のデータです。
  • マニュアル登録の他、生産管理からの資材購買要求発生時、在庫管理からの在庫補充のための購買要求発生時に自動登録されます。
  • 発注伝票とは異なり、消費税額計算は行いません。
  • 伝票ステータスを“完成”更新することにより、“購買発注変換プロセス”の対象データとなります。
  •  

    発注管理機能の概略

  • 発注管理は、仕入先に対する正式な発注情報を管理します。仕入先に対する発注書は、発注伝票を元に出力します。
  • 発注条件、発注ロット、納期、支払条件など仕入計上による発生債務の条件を発注伝票で管理します。
  • 購買発注情報を一元的に管理し、後続の入荷実績に対する発注残管理や生産管理に対する入荷予定情報を連携します。
  • 発注伝票画面

    発注伝票画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

  • 発注伝票は仕入先に対する正式な発注伝票です。
  • マニュアル登録の他、購買依頼データを発注伝票に変換する“購買発注変換プロセス”を用いての登録、販売管理機能や在庫管理機能からの個別の購買要求による発注伝票登録など、発注伝票登録の方法は業務フローに合わせて運用することができます。
  • 発注伝票では、取引先決定による各種取引上条件のマスタ引用、品目指定による品目依存の各種条件がマスタから引用されます。
  • 伝票ステータスを“完成”更新することにより、入荷伝票登録時の参照伝票データとなり、発注残管理を開始します。
  •  

    入荷管理機能の概略

  • 入荷管理は、入荷業務を一元管理します。
  • 入荷伝票更新により、納品物品が自社在庫となり、在庫データの更新と会計実績(製商品/仮勘定)が自動転記されます。
  • 入荷伝票画面と会計仕訳

    入荷伝票画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

  • 納品・受入の登録は、入荷伝票を用いて登録します。
  • 入荷伝票明細は、当該入荷の元となった発注伝票を参照し、発注残数量を考慮した実績登録を行うことができます。
  • 伝票ステータスを“完成”更新すると、在庫が計上され、会計転記が発生します。
  •  

    仕入管理機能の概略

  • 仕入管理は、発注伝票で保持する取引条件と、入荷伝票の入荷実績情報を元に仕入情報を生成します。
  • 仕入伝票更新により、債務情報が確定し会計実績(仕入高/買掛金)が自動転記されます。
  • 仕入伝票画面と会計仕訳

    仕入伝票画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

  • 仕入伝票の登録は、入荷伝票プロセスからの仕入伝票登録を行う方法と、新規に仕入伝票を登録し、仕入伝票明細登録時に入荷伝票を参照し登録する方法の2通りの方法があります。
  • 仕入伝票は先行する発注伝票および入荷伝票の内容を継承し登録しますので、仕入先の納品書や請求書に基づいて登録を行うものではありません。
  • 伝票ステータスを“完成”更新すると、会計転記が発生します。
  •  

    仕入先先返品プロセス

  • 仕入先への返品要求が発生した場合のシステム登録は、上記伝票フローに従い伝票処理します。
  • 元入荷伝票を参照し、新規に“仕入先返品発注伝票”を登録します。返品数量を指定すると自動的に返品金額が税込金額で算出されます。
  • 仕入先返品発注伝票を元に、“仕入先返品出荷伝票”を作成し更新すると、倉庫から在庫が払い出され、仕入入荷時の会計仕訳に対する逆仕訳(仮勘定/製商品)が自動転記されます。
  • 仕入先返品出荷伝票を元に、仕入伝票作成プロセスを実行すると“APクレジットメモ伝票”が生成されます。
  • APクレジットメモ伝票のステータスが更新されると、仕入時の会計仕訳に対する逆仕訳(買掛金/仕入高+消費税)が自動転記されます。
  • 仕入先返品発注画面

    仕入先返品出荷画面と会計仕訳

     

    ADempiere Zeta の購買管理プロセスは、在庫管理、販売管理、生産製造管理、債権債務などの
    その他業務管理機能とリアルタイムに情報を共有・連動します。

     

     

     

    フッタボタン1 フッタボタン2 フッタボタン3