販売管理機能の概略

  • 販売管理プロセスは、受注管理、出荷管理、売上管理の3つの管理ポイントから構成されます。
  • 受注管理は、顧客からの注文情報を一元管理し、顧客に対する取引情報をコミットします。また、受注伝票登録時点で在庫管理、生産管理、購買管理と情報を連携します。
  • 出荷管理は、社内の出荷業務を一元管理します。出荷伝票更新により、自社在庫が顧客資産に移転するため、在庫データの更新と会計実績が自動転記されます。
  • 売上管理は、受注伝票で保持する取引条件(単価や支払条件など)と、出荷伝票の出荷実績情報を元に売上情報を生成します。売上伝票更新により、債権情報が確定し会計実績が自動転記されます。
  •  

    業務プロセス①(在庫販売)

  • 納期指定による出荷予定日の自動算出
  • 出荷要件、請求要件の自動適用
  • 単価決定および割引率の自動適用
  • 在庫不足時の生産・購買への所要転送
  • 出荷確認時に在庫引落(在庫更新)
  • 出荷時会計仕訳:売上原価/商品
  • 売上時会計仕訳:売掛金/売上高
  •  

    業務プロセス②(仕入先直送)

  • 受注伝票データを登録後、仕入先直送発注伝票データを変換生成
  • 納品連絡による入荷実績登録と出荷実績自動生成
  • 受注/発注/入荷/出荷/仕入/売上の通常データ管理による販売購買連携プロセス
  •  

    欠品防止と適正在庫維持のための仕組み

  • MRPプロセスによる製品生産要求
  • MRPプロセスによる商品購買要求
  • 受発注変換プロセスを使用しての発注処理
  • 在庫補充プロセスを使用して適正在庫を維持
  •  

    受注管理機能の概略

  • 顧客からの注文情報をシステム登録するには、①新規マニュアル受注伝票登録、②注文インポート登録、③登録済受注伝票データの参照登録の3つの登録方法があります。
  • 受注伝票タイプには、7つの受注伝票タイプがあり、販売管理プロセス全体を制御します。
  • 取引先指定により、納品先、請求先などの関連取引先情受注情報が自動決定します。
  • 納品日指定により、割当カレンダー、割当配送日数を考慮して“出荷予定日”を自動算出します。
  • 取引先指定により、出荷方法、出荷ルール、請求ルール、支払方法、支払条件などの取引先マスタに設定されている取引条件の詳細情報をマスタ引用し、受注伝票データの注文情報登録を入力支援します。
  • 受注品目の指定と受注数量指定により、単価決定、割引適用、正味額計算、消費税額計算が自動処理され、明細情報を補足します。
  • 受注伝票単位で指定した倉庫に対して、受注品目と受注数量情報を元に在庫チェックと出荷所要登録を自動処理します。利用可能在庫が受注数量を満たさない場合は、在庫チェック結果を画面出力します。
  • 伝票ヘッダの表示フィールドは、指定した伝票タイプにより動的に変化します。
  • 明細金額を集計し、伝票金額を更新します。
  • マスタ設定に基づいて与信管理チェックが自動実行され処理結果を画面出力します。
  • 伝票ステータスにより、伝票の登録状態を示し在庫管理や生産管理などの他業務機能との連携も伝票ステータスが考慮されます。
  • 受注伝票タイプ

    受注伝票タイプには以下の7つの受注伝票タイプがあり、業務フローに合わせて使い分けることができます。

    受注伝票タイプ伝票フローと特徴
    標準受注受注伝票 → 出荷伝票 → 売上伝票の3伝票処理を1ステップずつ処理します。
    倉庫受注受注伝票・出荷伝票 → 売上伝票 受注伝票登録と同時に出荷伝票を自動作成します。
    信用受注受注伝票・出荷伝票・売上伝票の3伝票処理を受注伝票登録と同時に処理します。
    POS受注受注伝票・出荷伝票・売上伝票・現金出納帳レコード作成までを一括して行います(現金取引)。
    前受受注受注伝票 → 前受入金 → 出荷伝票・売上伝票の順で伝票を処理します。
    見積伝票出荷所要が発生しますが、見積伝票を元に出荷伝票は作成できません。(=見積伝票)
    見積伝票を元に標準受注などの受注伝票データに変換することが出来ます。
    引合伝票出荷所要は発生せず、引合伝票を元に出荷伝票も作成できません。(=引合情報)
    引合伝票を元に標準受注などの受注伝票データに変換することが出来ます。
    受注伝票画面

    受注伝票画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

     

    出荷管理機能の概略

  • 出荷伝票データは、受注伝票を元に作成し、出荷業務を一元管理します。
  • 出荷伝票作成時に、在庫データをチェックし、受注伝票の出荷ルールを参照して、システムは出荷を生成します。
  • 出荷明細にあるインスタンス属性は、先入れ先出しで自動決定します。
  • 出荷伝票のスタータス更新時に、出荷明細の全数、および出荷伝票の全明細を対象に出荷伝票更新処理を行いますので、一つの出荷伝票に対して、“出荷残”管理はできません。(必要であれば出荷伝票明細を修正し、受注残とすることで対応可能です)
  • 出荷伝票処理の関連処理として、入出荷確認伝票処理、梱包伝票処理を利用することができます。
  • 出荷伝票の完成ステータス更新により、出荷明細の品目在庫データが更新されます。
  • 品目在庫データは、財務会計上の流動資産ですので、(借方)売上原価/製商品(貸方)の会計仕訳が自動転記されます。
  •  

    出荷伝票作成処理
  • 登録完成した受注伝票(または、複数の受注伝票)を元に、出荷伝票をシステム登録するには、①出荷伝票作成プロセスの利用②自動出荷伝票生成プロセス(スケジュール起動可)による出荷伝票登録の2つの登録方法があります。
  • システムが出荷伝票を生成する際の条件、出荷在庫が出荷目標数量を満たしていることと、受注伝票データが保持する出荷ルールに状態が合致している場合です。
  • 出荷伝票作成プロセス画面

    自動出荷伝票生成プロセス画面

    出荷伝票画面と会計仕訳

    出荷伝票画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

    出荷業務で用いる出荷指示書や納品書などの出荷帳票は、当該プロセスにより生成された出荷伝票データを元に帳票出力します。

    出荷伝票と庫内作業用伝票

    出荷業務に出荷伝票だけで対応することもできますが、入出荷確認伝票や梱包伝票などの庫内作業を管理する伝票データとの連携を行いながら出荷業務を運用することも可能です。

    梱包伝票は運送会社と貨物追跡番号などの物流情報を管理することができます。

     

    売上管理機能の概略

  • 売上伝票データは、受注伝票で保持している取引条件と出荷実績から生成されます。
  • 売上伝票ステータスが、“草案”または“進行中”の場合は、単価に対する修正などを行うことができます。
  • 売上伝票ステータスを“完成”に変更すると、売上計上処理が完了します。
  • 売上計上処理により、得意先に対する債権が確定し、(借方)売掛金/売上高(貸方)の会計仕訳が自動転記されます。
  • 外貨取引の場合、会計仕訳は為替レートマスタを参照し、自動で円貨金額を求めます。
  • 売上伝票作成処理
  • 出荷が完了した受注情報について売上伝票をシステム登録するには、①売上伝票作成プロセスの利用②自動売上伝票生成プロセス(スケジュール起動可)による売上伝票登録の2つの登録方法があります。
  • 売上伝票作成時に、受注伝票の請求ルールと請求済数量および出荷実績が参照されます。価格情報などは受注伝票に保持している条件を継承します。
  • 売上伝票作成プロセス画面

    自動売上伝票生成プロセス画面

    売上伝票画面と会計仕訳

    売上伝票画面は伝票ヘッダと伝票明細から構成されます。

    売上伝票毎の納品書やINVOICEといった帳票は、作成された売上伝票データを元に帳票出力します。

     

    得意先返品プロセス

  • 得意先からの返品要求が発生した場合のシステム登録は、上記伝票フローに従い伝票処理します。
  • 得意先からの返品に基づいて、元出荷伝票を参照し、新規に“得意先返品受注伝票”を登録します。返品数量を指定すると自動的に返品金額が税込金額で算出されます。
  • 得意先返品受注伝票を元に、“得意先返品入荷伝票”を作成し更新すると、倉庫に対する在庫が計上され、売上出荷時の会計仕訳に対する逆仕訳(製商品/売上原価)が自動転記されます。
  • 得意先返品入荷伝票を元に、売上伝票作成プロセスを実行すると“ARクレジットメモ伝票”が生成されます。
  • ARクレジットメモ伝票のステータスが更新されると、売上時の会計仕訳に対する逆仕訳(売上高+消費税/売掛金)が自動転記されます。
  • 得意先返品受注画面

    得意先返品入荷画面と会計仕訳

    得意先返品ARクレジットメモ画面と会計仕訳

     

    ADempiere Zeta の販売管理プロセスは、在庫管理、購買管理、生産製造管理、債権債務などの
    その他業務管理機能とリアルタイムに情報を共有・連動します。

     

     

     

    フッタボタン1 フッタボタン2 フッタボタン3