生産製造管理機能の概略
生産管理業務フローイメージ

ADempiere Zeta の生産製造管理機能は、MRPプロセスにより常に生産手配を最適化し、生産活動の状況に合わせて、リアルタイムに在庫を更新し、生産実績を一元的に管理・統合します。

 

生産管理システムプロセス概念図

 

生産製造管理プロセスフローの全体モデル

  • MRPプロセスは、販売管理や生産計画登録などの需要発生元機能から生じた需要情報を、供給情報を含め一元的に需給情報を管理する“MRPテーブル”を参照して、“多段階”展開処理を実行し全ての手配情報を常に最新化します。
  • 製造指図管理は、作業工程毎の所要工数、使用設備等のカレンダーなど複数の生産諸元を参照して、需要日付からの適切な日程計画を立案します。また、生産丸め処理や製造指図分割などの製造指図編集に加え、使用設備や作業担当者の仮設定など、きめ細かい製造指示情報を出力します。
  • 作業時間管理は、製造指図に含まれる作業詳細を製造指図リリースと同時に作業実績報告レコードとして生成し、作業工程毎の生産状況報告業務を支援します。また、作業に使用した設備・機械等の製造リソースの稼働実績を統合管理します。
  • 在庫受払更新は、製造指図(生産活動)に供した原材料の在庫情報および製品入庫在庫の詳細を、複数回の受払指示を含め、実績登録することができます。在庫受払更新の結果、在庫データは自動的に更新され、常に原材料、中間品、製品の在庫データが連携します。
  •  

    生産製造管理データ関連図

     

    生産製造管理に関連するマスタデータ

    マスタテーブルマスタテーブルの目的
    品目マスタ製品、中間品、原材料など生産に使用される品目に関する基本情報マスタです。
    BOMマスタ品目マスタを参照し、製品は中間品や原材料を子品目として、
    中間品は原材料を子品目として親子関係を構成します。
    製造リソースマスタMRPプロセスの実行単位や工程、作業、その他生産活動に必要な設備や金型などの
    生産リソースを一元管理します。
    生産ワークフロー
    マスタ
    製造リソースマスタを参照し、製品や中間品を生産するための作業手順を管理します。
    MRP方針マスタMRPプロセスが需要品目に対する供給計画を編集する際に参照される“調達”に
    関する基本方針マスタです。
    設備リソース割付
    マスタ
    製造指図を編集する際に参照される条件マスタです。需要品目別作業別に
    生産に使用する設備情報および所要工数などを管理します。
    作業者割付マスタ製造指図を編集する際に参照される条件マスタです。需要品目別作業別に
    生産に使用する作業者情報および所要工数などを管理します。
    ユーザーマスタ作業者割付マスタから参照される、“作業者”関する基本マスタです。

     

    品目マスタとBOMマスタ

  • 品目マスタを参照し、製品は中間品や原材料を子品目として、中間品は原材料を子品目として親子関係を構成します。
  • BOMマスタを多段階展開した階層構造を確認できます。
  • BOM明細の詳細表示

  • 一つの生産品目に対して複数のBOMマスタを登録管理することができます。
  • また、BOM明細には、員数指定の他、構成率での登録も可能です。
  • 製造リソースマスタ

  • 製造リソースマスタは、MRPプロセスの実行単位や、工程、作業などの生産手順を構成する作業ノードを定義します。
  • また、生産によって更新される在庫品目とは別に、設備や機械といった“生産リソース”を登録し管理することができます。
  • 生産ワークフローマスタ

  • 生産ワークフローマスタは、日程計画機能や製造指図書中の作業指示、製造間接費計算のためのマスタデータです。
  • 仕掛在庫ポイント単位を複数の作業から構成される一つの作業工程としてとらえ、作業工程毎の詳細な作業手順を定義することにより、詳細な作業手順管理と作業指示を実現します。
  • MRP方針マスタ

  • MRP方針マスタは、MRPプロセスが需要品目に対する供給計画を編集する際に参照される“調達”に関する基本方針マスタです。
  • 組織、リソース、製品をキーに生産倉庫、納品倉庫、ワークフロー、BOMなどの生産時の諸元情報を一元的に管理します。
  • MRPプロセスにより、社外品調達の手配(=購買依頼)を作成する場合、当マスタレコードの登録は必要です。
  • 設備リソース割付マスタ

  • ADempiere Zeta は、工程内作業毎、生産品目毎に、L/T計算の基礎情報と使用する設備要件を管理して、この詳細情報を元に日程計画計算を行います。
  • また、同マスタレコード内のチャージ情報を元に、実績作業時間を加味して、工程作業にかかった製造経費を算出します。
  • 設備リソースの登録は、設備、機械、金型など作業者以外の管理したい製造リソースを任意に定義することができます。
  • 作業者割付マスタ

  • ADempiere Zeta は、工程内作業毎、生産品目毎に、L/T計算の基礎情報と担当する作業者を管理して、この詳細情報を元に日程計画計算を行います。
  • また、同マスタレコード内のチャージ情報を元に、実績作業時間を加味して、工程作業にかかった製造経費を算出します。
  • 作業者の登録は、ユーザーマスタで行い、システムに登録される他ユーザー管理要件とユーザーを統合し管理することができます。
  •  

    MRPプロセスの概略

    MRPプロセスは、販売管理や生産計画登録などの需要発生元機能から生じた需要情報を、供給情報を含め一元的に需給情報を管理する“MRPテーブル”を参照して、“多段階”展開処理を実行し全ての手配情報を常に最新化します。

     

    MRPプロセスの処理構造

     

    製造指図管理の概略

    製造指図管理は、作業工程毎の所要工数、使用設備等のカレンダーなど複数の生産諸元を参照して、需要日付からの適切な日程計画を立案します。また、生産丸め処理や製造指図分割などの製造指図編集に加え、使用設備や作業担当者の仮設定など、きめ細かい製造指示情報を出力します。

     

    製造指図画面

    製造指図割付情報画面

     

    作業実績報告の概略

    作業時間管理は、製造指図に含まれる作業詳細を製造指図リリースと同時に作業実績報告レコードとして生成し、作業工程毎の生産状況報告業務を支援します。また、作業に使用した設備・機械等の製造リソースの稼働実績を統合管理します。

     

    作業実績報告画面

  • ADempiere Zeta は、製造指図がリリースされると、工程内作業毎、作業実績報告管理に作業毎のレコードを生成し、生産指示後に作業進捗に合わせていつでも入力報告ができるよう作業実績報告レコードを生成します。
  • 作業毎に使用した設備情報や作業に要した時間を登録し、作業結果の詳細を報告します。
  • ADempiere Zeta では、製造指図が“終了”すると、作業実績報告で更新された作業実績が製造リソースマスタに更新され、生産に関わる製造リソースの状況管理を継続的に行うことが可能です。
  •  

    指図入庫と投入の概略

    在庫受払更新は、製造指図(生産活動)に供した原材料の在庫情報および製品入庫在庫の詳細を、複数回の受払指示を含め、実績登録することができます。在庫受払更新の結果、在庫データは自動的に更新され、常に原材料、中間品、製品の在庫データが連携します。

     

    指図入庫と投入画面

  • 画面上段は、当該製造指図の生産により製品入庫される親品目に関わる受払情報です。画面下段は、当該製造指図の生産のために製造指図に投入される資材情報です。ともに、受払情報と出荷ルール(資材払出のみ、製品受入のみ、バックフラッシュ更新)が連動し、該当の在庫情報を更新します。
  • OKを1回クリックすると在庫更新が行われます。続けてクリックすると製造指図自体を終了し、当該製造指図による生産を終了しします。
  •  

    設備使用実績の詳細管理
    製造リソース画面と使用実績画面

     

    製造指図別原価集計レポート
    製造指図別原価集計レポート

     

    ADempiere Zeta の生産製造管理プロセスは、販売管理、購買管理、在庫管理、会計管理などの
    その他業務管理機能とリアルタイムに情報を共有・連動します。

     

     

     

    フッタボタン1 フッタボタン2 フッタボタン3