【品目マスタ】

品目マスタは、社外から購入する原材料やサービス、顧客に販売する商品や製品、社内の生産段階で発生するなど中間品、その他伝票トランザクションで必要と思われる様々な「モノ」を登録し、管理対象とすることができます。

【メニューパス】 品目管理ー>品目マスタ

(ア)品目概要タブ

品目概要に配置の項目は、品目のみをキーとして一意的に定義する情報です。価格はプライスリストバージョン毎に登録されたN件の価格情報を登録管理します。当該タブで品目に関する基本情報を定義します。

項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
品目カテゴリ当該品目が属する品目カテゴリ
品目コード品目のコード
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
名称品目の名称(ログイン言語非依存)
品目タイプ棚卸資産の場合は”品目”、非棚卸資産の場合は“サービス”を選択
数量単位品目の基本数量単位(=在庫管理単位)
属性セット品目に関する属性セット(サイズ、色、材質などの性質に応じて在庫管理を区分したい場合は、属性セット定義を行った上で、定義済属性セットを指定)
税カテゴリ取引に使用される場合に当該品目が課税品目の場合は定義済税カテゴリを選択
販売する販売トランザクションで使用される品目の場合はON
購買する購買トランザクションで使用される品目の場合はON
在庫する在庫トランザクションで使用される品目の場合はON
部品表BOMタブで構成品情報が登録されると自動的に同項目がONとなる
内外製区分当該品目が生産において内製か外製かを表す情報項目
Copy from product登録済の他品目マスタレコードを参照してのコピー登録プロセス
部品表検証部品表フラグがONの場合に同ボタンが表示され、登録された部品表の構成について循環参照の誤りがないかを検証するプロセス
部品表検証済部品表検証プロセスの結果、正常であった場合にONとなる
棚幅棚幅に関する情報項目
棚高さ棚高さに関する情報項目
棚深さ棚深さに関する情報項目
保管場所該当品目が保管されているデフォルトの保管場所
重量重量に関する情報項目
容量容量に関する情報項目
数量/1Pallet1パレットあたり数量に関する情報項目
Ver. NoバージョンNoに関する情報項目
JAN CDJANコードに関する情報項目
分類分類に関する情報項目
在庫単位在庫単位に関する情報項目
説明任意の説明
価格
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
製品上位タブの値を継承
価格表バージョン品目価格関する価格表バージョン
定価定価に関する参考情報
標準価格販売実績や購買実績となる実際の適用単価

(イ)補充タブ

補充タブは、在庫補充を定点管理します。実際の機能を使用するには、補充タブに定点管理のための仕様をマスタ登録し、在庫管理の“補充レポート”を実行することにより、補充情報または補充手配が実行されます。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
製品上位タブの値を継承
倉庫補充ルールが適用される倉庫
保管場所補充ルールが適用される保管場所
補充タイプ補充ルールの種類
供給元倉庫未使用項目
最小在庫レベル補充ルールで参照される最小在庫数量
最大在庫レベル補充ルールで参照される最大在庫数量

(ウ)購買タブ

購買タブは、当該品目を発注する仕入先を予め登録しておくことで受注情報からの発注情報変換や、生産からの購入手配などのモジュール間連携で、その登録内容が参照されます。購買タブレコードの登録は複数の一つの品目が複数の仕入先から購買される可能性がある場合、その複数の仕入先を登録することができますが、上記のようなプロセス処理においては、一意に購入先を決定しなければならないため、“現在の仕入先”フラグを1レコードだけ設定することにより対応します。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
製品上位タブの値を継承
取引先品目を購入手配する仕入先
現在の仕入先MRPプロセスなどの購入品手配時に仕入先を一意に決定する場合に参照する区分
JAN CD仕入先品目としてのJANコードに関する情報項目
品質評価仕入先品目としての品質評価に関する情報項目
通貨仕入先品目としての通貨に関する情報項目
価格有効日仕入先品目としての価格有効日に関する情報項目
定価仕入先品目としての定価に関する情報項目
仕入価格仕入先品目としての仕入価格に関する情報項目
最近仕入価格仕入先品目としての最近仕入価格に関する情報項目(自動更新)
最終請求価格仕入先品目としての最終請求価格に関する情報項目(自動更新)
使用料仕入先品目としての使用料に関する情報項目
注文毎の原価仕入先品目としての注文毎の原価に関する情報項目
最小限注文数量品目発注時の最小限注文数量
注文パック数量品目発注時のまとめ数量
数量単位品目発注時の数量単位(未使用項目)
製造業者仕入先品目としての製造業者に関する情報項目(未使用項目)
実出荷時間仕入先品目としての実出荷時間に関する情報項目(未使用項目)
約束出荷日数MRPプロセスなどの購入手配時、需要日付(発注納期)から発注予定日を算出する際に参照する購入リードタイム情報
取引先製品キー仕入先品目としての品目コードに関する情報項目(未使用項目)
取引先カテゴリ仕入先品目としての取引先カテゴリに関する情報項目(未使用項目)
打切仕入先品目としての打切りに関する情報項目(未使用項目)
打切日仕入先品目としての打切り日に関する情報項目(未使用項目)

(エ)取引先品目タブ

取引先品目タブに配置されている項目は、取引先毎の自社品目の扱いを区分管理することができます。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
製品上位タブの値を継承
取引先顧客
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
顧客品番顧客品番
顧客品名顧客品名
顧客図番顧客図番
約束出荷日数顧客に約束した注文から納品までの最短リードタイム
最小限注文数量顧客と約束した最小限注文数量
注文パック数顧客と約束した注文時のまるめ数量
月最大受注数量顧客と約束した月間平均注文数量
説明任意の説明

(オ)会計タブ

会計タブは、自動仕訳の際に品目依存で勘定科目を決定する自動仕訳用のマスタ設定です。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
製品上位タブの値を継承
会計スキーマクライアント標準の会計スキーマ
製品資産棚卸品目の在庫勘定
製品経費品目に対する経費勘定
原価調整未使用項目
在庫清算仕入伝票転記時の借方勘定
製品売上原価出荷伝票転記時の借方勘定
購入価格差異標準原価計算使用時に標準原価と購入価格との差異が生じた場合に発生する勘定
請求価格差異移動平均計算使用時に現在の原価と購入価格との差異が生じた場合に発生する勘定
移動平均差異移動平均計算使用時に移動平均後の価格と購入価格との差異が生じた場合に発生する勘定
受取割引料仕入伝票転記時に発生する仕入値引勘定
許可割引料売上伝票転記時に発生する売上値引勘定
製品収益売上伝票転記時の貸方勘定
仕掛製造指図への払出時の借方勘定または製造指図からの受入時の貸方勘定
フロアストック未使用項目
仕様変更差異未使用項目
数量差異未使用項目
賃率差異未使用項目
Mix Variance未使用項目

(カ)翻訳タブ

品目概要タブの名称の値を言語別に登録管理します。品目が初回登録された際に、当該タブにはその値が自動的にセットされますが、翻訳タブへの自動登録後の更新は、自動では行われず任意に言語別の翻訳を更新する必要があります。また、品目マスタ更新以外のトランザクションでは、常に当該タブに登録された内容が表示されます。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
製品上位タブの値を継承
言語翻訳を適用する言語
翻訳対象翻訳を適用する場合はON
名称品目の名称(ログイン言語)
説明任意の説明
伝票メモ未使用項目

(キ)原価タブ

原価タブは品目、インスタンス、会計スキーマ、原価タイプ、原価エレメントをキーに登録、更新される品目に関する原価情報です。スターターキット仕様では、インスタンスなし、クライアント標準の会計スキーマと原価タイプ、原価エレメントは標準原価計算を前提に品目毎に一意の固定的な原価情報として登録管理することを想定しています。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
製品上位タブの値を継承
インスタンスインスタンス単位の個別原価管理を行い場合のインスタンス
会計スキーマクライアント標準の会計スキーマ
原価タイプクライアント標準の原価タイプ
原価エレメント“標準原価計算”固定
説明任意の説明
現在の原価現在の原価(固定原価)
CurrentCostPriceLL未使用項目
将来原価未使用項目
Future Cost Price Lower Level未使用項目
現在数量現在の在庫数量
原価凍結未使用項目
累計額現在の累積在庫高
累計数量現在の累積在庫数量

 

【プライスリスト(価格表)】

プライスリストは、販売単価や購買単価などの品目に依存した単価マスタです。プライスリストには通貨や内税/外税区分がありこのため、これらを基準としたプライスリストを設けることが一般的です。同一品目であっても取引先毎に単価が異なる場合は、取引先毎にプライスリストを設けることにより、取引先毎の指値単価に対応することができます。

【メニューパス】 品目管理ー>プライスリスト


項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
名称プライスリストの名称
説明任意の説明
デフォルト未使用項目
通貨プライスリストの属性通貨
販売プライスリスト当該プライスリストが販売トランザクションで使用可能であればON
税込価格当該プライスリストに登録されている単価消費税を含む内税単価であることを粟原ス
価格精度単価における小数点以下桁数
限度価格の施行受発注明細処理時の単価修正における限度判断を行う場合はON


項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
価格表上位タブの値を継承
名称プライスリストバージョンの名称
プライスリストスキーマ未使用項目
ベースプライスリスト未使用項目
有効開始日当該レコードが有効となる開始日
プライスリスト作成未使用項目
説明任意の説明

例えば、バージョンタブでのバージョンレコードの登録基準は、一般的には、登録された単価が有効となる日付を基準にバージョンを設けます。(2016年1月開始の価格バージョン、2017年1月開始の価格バージョンなどです)

 

【品目カテゴリ】

品目カテゴリは、商品、製品、原材料、サービスなどを一元的に管理する品目マスタレコードをグループ管理するためのマスタ設定です。品目マスタ登録時の必須項目であり、指定した品目カテゴリの基本属性を継承しながら、品目マスタレコードをグループ管理します。

【メニューパス】 品目管理ー>品目在庫管理ルールー>品目カテゴリ


項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
検索キー品目カテゴリのコード
名称品目カテゴリの名称
デフォルト未使用項目
親製品カテゴリ未使用項目
在庫ポリシー通常は“先入れ先出し”
セルフサービス未使用項目
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
説明任意の説明
会計
組織上位タブの値を継承
品目カテゴリ上位タブの値を継承
会計スキーマクライアント標準の会計スキーマ
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
原価計算方法通常はNULLを推奨(=標準原価計算)
原価計算レベル移動平均計算時の計算範囲
勘定科目コピー当該品目カテゴリに属する品目に対する品目カテゴリレベルの勘定科目情報の一括更新
製品資産棚卸品目の在庫勘定
製品経費品目に対する経費勘定
原価調整未使用項目
在庫清算仕入伝票転記時の借方勘定
製品売上原価出荷伝票転記時の借方勘定
購入価格差異標準原価計算使用時に標準原価と購入価格との差異が生じた場合に発生する勘定
請求価格差異移動平均計算使用時に現在の原価と購入価格との差異が生じた場合に発生する勘定
移動平均差異移動平均計算使用時に移動平均後の価格と購入価格との差異が生じた場合に発生する勘定
受取割引料仕入伝票転記時に発生する仕入値引勘定
許可割引料売上伝票転記時に発生する売上値引勘定
製品収益売上伝票転記時の貸方勘定
仕掛製造指図への払出時の借方勘定または製造指図からの受入時の貸方勘定
フロアストック未使用項目
仕様変更差異未使用項目
数量差異未使用項目
賃率差異未使用項目
Mix Variance未使用項目
Labor未使用項目
製造間接費未使用項目
Cost of Production未使用項目
Outside Processing未使用項目
間接費未使用項目
Scrap未使用項目

品目カテゴリの一般的な設定基準は、原則として任意の設定ですが、品目カテゴリには自動仕訳に参照される会計機能が付随します。具体的には、販売出荷時に貸方科目=商品、または製品の相手勘定として“製品売上原価”項目に割り当てた勘定科目で、自動仕訳が発生しますが、この時品目マスタ原価情報を参照します。この原価情報は原価タイプをキーに複数のレコードを持ち、この時参照されるのが品目カテゴリであるためです。

 

【割引スキーマ】

割引スキーマは、値引きや値増しのルールを設定するマスタです。数量依存で複数の割引率適用を制御するなどの目的でマスタを登録し、取引先マスタに登録されている取引先に割り当てます。伝票トランザクションで割引スキーマが設定されている取引先を指定して、明細レコードで品目と数量を指定することで、プライスリストから読み込まれた単価に対して、該当の割引率を適用し、明細単価を補正します。

【メニューパス】 品目管理ー>品目在庫管理ルールー>割引スキーマ

項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
名称割引スキーマの名称
割引タイプ“分岐”固定
取引先固定割引“OFF”固定
固定割引%未使用項目
数量ベース“ON”固定
累積レベル“詳細”固定
再採番未使用項目
説明任意の説明


項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
割引スキーマ上位タブの値を継承
シーケンスシーケンス番号
品目カテゴリ未使用項目
製品未使用項目
分岐値分岐数量を設定
取引先固定割引“OFF”固定
分岐割引%割引率を設定

 

【数量単位】

数量単位は、数量に対して用いる単位を登録管理するマスタです。システムクライアントで予め設定されている数量単位で不足の場合は数量単位を追加登録します。

【メニューパス】 品目管理ー>品目在庫管理ルールー>数量単位


項目名機能説明
クライアントクライアント
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
数量単位数量単位
単位記号単位記号
名称数量単位の名称
説明任意の説明
数量単位タイプ未使用項目
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
デフォルト伝票トランザクションでの初期設定を表す
標準精度小数点以下桁数
原価計算精度原価計算上の小数点以下桁数