【取引先マスタ】

取引先マスタは、顧客、仕入先、従業員などの債権債務先を登録管理します。
取引先マスタにこれらの情報を事前登録しておくことで、伝票処理時の入力内容を正規化し取引先毎の情報を一元化します。

【メニューパス】 取引先管理ー>取引先マスタ

(ア)取引先概要タブ

取引先概要タブは、取引先の概要、取引先の住所情報、取引先側の連絡先担当者情報から構成されます。
住所情報と連絡先担当者情報は複数のレコードを登録することができます。

項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
取引先G取引先が属する取引先グループ
取引先コード取引先を示すコード(自動採番または外部採番)
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
名称取引先の名称(ログイン言語非依存)
顧客当該レコードが顧客機能を有することを示すフラグ(ONは顧客)
仕入先当該レコードが仕入先機能を有することを示すフラグ(ONは仕入先)
従業員当該レコードが従業員機能を有することを示すフラグ(ONは従業員)
販売担当者取引先との販売を担当する社内担当者
価格表顧客に割り当てるプライスリスト(顧客がONの場合に表示)
支払条件顧客との支払期日条件(顧客がONの場合に表示)
購買価格表仕入先に割り当てるプライスリスト(仕入先がONの場合に表示)
購買支払条件仕入先との支払期日条件(仕入先がONの場合に表示)
未消込残高取引先との未消込の債権債務残高
与信管理与信管理ルール
与信限度額与信管理上設定された未消込残高の上限金額(顧客がONの場合に表示)
与信利用額=未消込残高(顧客がONの場合に表示)
URL取引先のURL
言語取引先が用いる基本言語
免税(販売)顧客が免税事業者の場合はON
免税(購買)仕入先が免税事業者の場合はON
名称よみ取引先名称のひらがな読み
住所情報
取引先上位タブの値を継承
名称住所情報としての名称(○○工場、○○営業所など)
顧客納品先EDI取引納品先変換用項目(ADempiere Zetaエディション項目)
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
住所取引先の住所情報
電話番号取引先の電話番号
FAX取引先のFAX番号
配送日数自社倉庫~顧客納品先間の配送日数(ADempiere Zetaエディション項目)
カレンダ出荷予定日算出機能で参照するカレンダ(ADempiere Zetaエディション項目)
出荷住所当該住所情報レコードが出荷先住所の場合はON
請求書住所当該住所情報レコードが債権先住所の場合はON
支払元住所当該住所情報レコードが納品元住所の場合はON
送金先住所当該住所情報レコードが債務先住所の場合はON
連絡先情報(顧客、仕入先の場合、同情報は原則として任意)
取引先上位タブの値を継承
名称連絡先の担当者名称など
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
通知タイプ通信手段として用いる連絡方法
取引先住所連絡先担当者の住所情報
Eメール連絡先担当者のEメールアドレス
パスワード連絡先担当者が当該システムにログインする場合のログインパスワード
役職連絡先担当者の役職など
電話番号連絡先担当者の電話番号
FAX連絡先担当者のFAX番号
取引先全データアクセス権限連絡先担当者が当該システムにログインした後のアクセスレベル
コメント任意のコメント
説明任意の説明

(イ)顧客情報タブ

取引先概要で、”顧客”フラグが有効な場合、画面右側に顧客情報タブが表示され、当該取引先に関する顧客としての詳細マスタ項目を管理することできます。顧客情報タブは、取引時の基本ルールを管理すると共に、当該取引先との取引が行われた場合の会計仕訳ルールを登録し、自動仕訳処理と連動することができます。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
名称上位タブの値を継承
顧客上位タブの値を継承
与信管理与信管理ルール
与信利用額=未消込残高
与信限度額与信管理上設定された未消込残高の上限金額
未消込残高取引先との未消込の債権債務残高
支払条件(SO)上位タブの値を継承
支払条件(SO)上位タブの値を継承
価格表(SO)上位タブの値を継承
割引スキーマ(SO)上位タブの値を継承
出荷方法配送や受取りなど、配送の形態
出荷ルール一括納品のみ可、分割出荷可などの出荷時の出荷可能状態に関する判断条件
請求ルール売上伝票自動生成時の条件
税端数処理(販売)明細消費税額計算時の端数処理ルール
営業担当者顧客を担当する社内担当者
固定割引%固定割引率の適用
建値FOBなどのインコタームズ
免税(販売)顧客が免税事業者の場合はON
請求書提出要締請求書データを作成する場合はON
請求書種類締請求書フォームをPDF発行する場合は“自社定型”を選択
納品書提出要未使用項目
納品書種類未使用項目
検収書提出要未使用項目
検収書種類未使用項目
発注方法顧客注文形態に関する情報項目
発注方法(EDI)顧客注文形態に関する情報項目
発注方法(その他)顧客注文形態に関する情報項目
株主1顧客の主要株主1に関する情報項目
株主2顧客の主要株主2に関する情報項目
株主3顧客の主要株主3に関する情報項目
主要得意先1顧客の主要得意先1に関する情報項目
主要得意先2顧客の主要得意先2に関する情報項目
主要得意先3顧客の主要得意先3に関する情報項目
DUNSDUNS評価
書類更新日DNDUNS書類更新日
次回書類更新日DNDUNS次回書類更新日
リスクスコアリスクスコア評価
書類更新日RSリスクスコア書類更新日
次回書類更新日RSリスクスコア次回書類更新日
S&PS&P評価
書類更新日SPS&P書類更新日
次回書類更新日SPS&P次回書類更新日
経営分析スコア経営分析スコア評価
書類更新日BA経営分析スコア書類更新日
次回書類更新日BA経営分析スコア次回書類更新日
取引理由当該顧客と取引を行う理由など
顧客会計
取引先上位タブの値を継承
会計スキーマクライアント標準の会計スキーマ
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
顧客売掛金顧客取引における通常品目時の売掛金勘定
売掛サービス顧客取引におけるサービス品目時の売掛金勘定
顧客前払い顧客取引における前受時の前受金勘定

(ウ)仕入先情報タブ

取引先概要で、”仕入先”フラグが有効な場合、画面右側に仕入先情報タブが表示され、当該取引先に関する仕入先としての詳細マスタ項目を管理することできます。仕入先情報タブは、取引時の基本ルールを管理すると共に、仕入先に対する仕入先側の銀行口座情報と会計仕訳ルールを管理することができ、支払処理や自動仕訳処理と連動することができます。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
名称上位タブの値を継承
仕入先上位タブの値を継承
購買価格表上位タブの値を継承
購買割引スキーマ数量依存割引などの割引ルールの適用
支払条件上位タブの値を継承
支払ルール分岐額月次まとめ支払処理時の支払総額に対する支払ルール決定の分岐額
支払ルール1上位タブの値を継承
支払サイト1支払ルール1のサイト条件
支払ルール2支払総額が支払ルール分岐額を超えた場合の支払ルール
支払サイト2支払ルール2のサイト条件
購買担当者仕入先との購買を担当する社内担当者
税端数処理(購買)明細消費税額計算時の端数処理ルール
免税(購買)仕入先が免税事業者の場合はON
製造業者仕入先が製造業者であること表す情報項目
下請事業者仕入先が下請け事業者であることを表す情報項目
TS対応購入先仕入先がTS対応購入先であることを表す情報項目
業種
仕入先分類1
仕入先分類2
決算月仕入先の決算月に関する情報項目
ISO品質取得仕入先のISO品質認証の有無を表す情報項目
ISO品質認証機関仕入先のISO品質認証機関に関する情報項目
ISO品質認証取得日仕入先のISO品質認証取得日に関する情報項目
ISO環境取得仕入先のISO環境認証の有無を表す情報項目
ISO環境認証機関仕入先のISO環境認証機関に関する情報項目
ISO環境認証取得日仕入先のISO環境認証取得日に関する情報項目
TS取得仕入先のTS認証の有無を表す情報項目
TS認証機関仕入先のTS認証機関に関する情報項目
TS認証取得日仕入先のTS認証取得日に関する情報項目
支払時備考月次まとめ支払処理時に参照される情報項目
銀行口座
組織上位タブの値を継承
銀行仕入先の銀行
銀行コード銀行のコード
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
支店名銀行の支店名
銀行支店コード銀行支店のコード
口座番号仕入先の口座番号
名義人仕入先の名義人
名義人(カナ)仕入先の名義人(カナ)
口座用途当該口座の決済用途
銀行口座タイプ当該口座の口座種別
通貨該当口座の通貨コード
Routing No海外銀行口座のRouting No
Swiftコード海外銀行口座のSwiftコード
IBANコード海外銀行口座のIBANコード
ABAコード海外銀行口座のABAコード
送金銀行口座月次まとめ支払処理時の支払元口座
送金区分月次まとめ支払処理時の送金区分
負担区分月次まとめ支払処理時に手数料負担区分
送金銀行口座(手形)月次まとめ支払処理時に手形支払用口座
送金銀行口座(現金/小切手)月次まとめ支払処理時に現金/小切手支払用口座
支店名(FB)FBデータ作成時の支店名情報
FB用口座FBデータ作成時の参照情報項目

(エ)従業員タブ

取引先概要で、”従業員”フラグが有効な場合、画面右側に従業員タブが表示され、当該取引先については従業員としての区分を管理することできます。当該従業員が販売担当者、生産担当者、購買担当者の各区分を設定し、伝票トランザクション処理時の担当者情報として連動することができます。

項目名機能説明
組織上位タブの値を継承
名称上位タブの値を継承
従業員上位タブの値を継承
販売担当者当該従業員が販売担当者の場合はON
生産担当者生産製造管理モジュールで参照される担当者区分
購買担当者生産製造管理モジュールで参照される担当者区分

 

【請求先設定】

請求先設定は、受注先や出荷先とは異なる取引先を予め請求先として紐付け管理し、伝票トランザクション時に自動的に当該取引の請求先を決定するためのマスタ設定です。

【メニューパス】 取引先管理ー>請求先設定


項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
名称請求先設定の名称
取引先請求先に関連付ける取引先
取引先住所請求先に関連付ける取引先の住所情報
関係取引先請求先としての取引先を指定
関係取引先住所請求先としての取引先住所情報を指定
出荷住所請求先が出荷先住所の場合はON
請求書住所請求先が債権先住所の場合はON
支払元住所請求先が納品元住所の場合はON
送金先住所請求先が債務先住所の場合はON
説明任意の説明

例えば、受注先や出荷先は各店舗から発生し、デリバリー管理はこれらの取引先毎に行うが、発生した債権の請求先はこれらの店舗を統括する本部に対して行う場合などにこの機能を使用します。

 

【取引先グループ】

取引先グループは、顧客、仕入先、従業員などを一元的に管理する取引先マスタレコードをグループ管理するためのマスタ設定です。取引先マスタ登録時の必須項目であり、指定した取引先グループの基本属性を継承しながら、取引先マスタレコードをグループ管理します。

取引先管理ー>取引先ルールー>取引先グループ


項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
検索キー取引先グループのコード
名称取引先グループの名称
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
価格表取引先グループに割り当てられたプライスリスト
購買価格表取引先グループに割り当てられた購買プライスリスト
割引スキーマ取引先グループに割り当てられた割引スキーマ
購買割引スキーマ取引先グループに割り当てられた購買割引スキーマ
説明任意の説明
会計
組織上位タブの値を継承
取引先G上位タブの値を継承
会計スキーマクライアント標準の会計スキーマ
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
勘定科目コピー取引先グループレベルで割り当てられた勘定科目を属する取引先マスタの会計情報に更新するコピープロセス(マスタデータ更新)
顧客売掛金顧客取引における通常品目時の売掛金勘定
売掛金サービス顧客取引におけるサービス品目時の売掛金勘定
顧客前払い顧客取引における前受時の前受金勘定
支払割引費科目入金支払時の営業外費用勘定
貸倒損失科目入金支払時の特別損失勘定
未請求売掛科目未使用項目
未請求売上科目未使用項目
前受け収益未使用項目
仕入先負債仕入取引における通常品目時の買掛金勘定
仕入先サービス負債仕入取引におけるサービス品目時の買掛金勘定
仕入先前払い仕入取引における前払時の前払金勘定
支払割引売上科目入金支払時の営業外収益勘定
未請求在庫入荷科目入荷伝票転記時の貸方仮勘定

取引先グループ設定の考え方は、会計との連携を必要とする場合、取引先との価格決定に関するパターンや仕訳ルールのパターンに従うのが一般的です。

 

【支払条件】

支払条件は、顧客や仕入先と行われる取引についての精算期日を計算するためのマスタです。月末締翌月末支払などの掛取引時の決済ルールを予め登録して、取引先マスタで取引先に割り当てておくことで、伝票トランザクション処理時に支払条件を自動的に引用します。

取引先管理ー>取引先ルールー>支払条件


項目名機能説明
組織当該レコードを管理する社内組織(“*”は社内組織共通)
検索キー支払条件のコード
有効有効か無効かを示すフラグ(ONは有効)
デフォルト未使用項目
名称支払条件の名称
固定満期日月末締などの請求のための月次集計を行う場合はON
出荷後未使用項目
翌営業日未使用項目
月次締処理対象締請求書機能を使用する場合はON
固定締日締請求処理時に参照される締日(毎月15日の場合は“15”、月末の場合は“31”など)
固定満期日締請求処理時に参照される支払期日
追加月締月の翌月に支払期日を設定する場合は“1”
割引日数支払期日前に支払が行われ割引が適用される場合の日数
割引%割引日数に応じて適用される割引率
割引日数2支払期日前に支払が行われ割引が適用される場合の日数2
割引2%割引日数に応じて適用される割引率2
支払猶予日数未使用項目
有効化複数回の分割支払スケジュールをスケジュールタブで設定した場合に有効化ボタン使用
有効未使用項目
伝票メモ未使用項目
説明任意の説明

オリジナルのADempiere仕様には、日本で一般的な「締請求」という考え方がありません。それはADempiereのベースが海外のエンジニアにより開発されたためです。SMBアソシエイツ社ではこの日本商習慣必須の機能を追加実装しました。